1. 定義段階で使用するテンプレート

プロジェクト憲章の書き方【エクセルテンプレート】 プロジェクトの企画書

定義段階で一番重要な作業はこのプロジェクト憲章の作成です。プロジェクト憲章とは何か、なぜ必要か、またその書き方を説明してます。またこのプロジェクト憲章の書き方をエクセルテンプレート上で具体的に分かり易く解説しています。 ...
02.24.2018
DMAICの説明

プロジェクトをしっかり定義する。DMAIC:定義段階(リーンシックスシグマ)

プロジェクト定義とはプロジェクトの初期に行い、プロジェクトの内容を定義し、明確化することです。その為のツールがプロジェクト憲章、物と情報の流れ図、プロジェクト計画書です。テンプレートを使うことで速く高品質に作れます。 (動画時...
12.21.2018
DMAICの説明

【DMAICとは:定義、測定、分析、改善、定着】業務フロー改善プロジェクトの必勝パターン(リーンシックスシグマ)

DMAICとは、リーンシックスシグマプロジェクト(改善プロジェクト)を実施する5段階の手順を表します。DMAICはDefine、Measure、Analyze、Improve、Controlの頭文字で、日本語では、定義段階、測定段階、分析段...
12.05.2018
PDCAサイクル

PDCAサイクルの基本とPDCAサイクルを経営に活かす方法

PDCAサイクルを経営者や管理職の視点から見たらどうなるでしょうか?それが経営のPDCAサイクルなのです。会社内ではこの経営のPDCAサイクルが全ての部署の全ての職務で効果的に行わられている状態にするのが会社経営で必須なのです。 ...
02.24.2018
PDCAサイクル

PDCAサイクルの活用法: サービス業務フローにデータ分析を取り入れる

サービス業務にPDCAサイクルを活用するにはどうしたらいいでしょうか?PDCAの検証/評価段階で使うデータが必要です。業務フロー自体にデータが集まる仕組みを組み込むと出来ます。PDCAサイクル活用のヒントにして下さい。 ...
02.24.2018
トヨタ生産方式(リーン)

リーンシックスシグマは8つのムダ 【DOWNTIMEで覚えましょう】(トヨタ生産方式)

リーンシックスシグマの8つのムダはトヨタの7つのムダに8つ目のムダを加えました。それをDOWNTIMEとしてみんな覚えています。特に8つ目のムダ「従業員の創造性を使わないムダ」がサービス業務改善の成功の鍵になります。 ...
02.24.2018
トヨタ生産方式(リーン)

トヨタの改善が世界のKAIZENに【7つのムダ、PDCAサイクル】リーンシックスシグマの特徴

トヨタの改善活動が世界のKAIZENとして世界に広がり、面白いのはその意味は英語でContinuous Improvement で継続的改善に進化しています。トヨタ生産方式では改善活動の基本は無駄の徹底排除とし、改善活動のもう一つの柱はPD...
02.24.2018
Sponsored Links