2. 測定段階で使用するテンプレート

ゲージR&R分析のやり方、図解で分かる【エクセルテンプレート】

ゲージR&R分析のやり方と考え方を分かり易い言葉でエクセルテンプレート上で説明しています。GRRの中でも分散分析による方法は一番正確と言われていて、これによりデータの測定方法の「反復性」と「再現性」を測りましょう。 (...
12.17.2018
PDCAサイクル

PDCAサイクルにアドホック分析と定期定型分析のどっちを使う?

アドホック分析とはある特定の状況に対して臨時的に短時間でやる分析です。それに対して定期定型分析は業務フローのPDCAサイクル上の「Check」段階で、「Do」段階の結果の分析が定期的に必要になる時に使う分析方法です。 ...
02.24.2018
3. 分析段階で使用するテンプレート

改良版 – サイクルタイム計測ツール、複数同時計測可能【エクセルテンプレート】

一年以上前にサイクルタイムと平準化についての動画とテンプレートの配信をし、多くのビューアさんからコメントと改善のご提案を頂きました。そこで今回テンプレートの改良版を作りました。今までの問題点の克服と、また応用範囲が広がる改良がなされましたの...
02.24.2018
PDCAサイクル

データ分析でPDCAサイクルの回し方【ケーススタディ】

データ分析の目的は対象業務フローのPDCAサイクルを効果的に回す事であり、その分析結果を見て次の具体的な行動を促す事です。この記事では具体的なエクセル画面をどの様にしたら実務でPDCAサイクルを効果的に回せるかを説明しています。 ...
02.24.2018
3. 分析段階で使用するテンプレート

5 How分析:アイデアを出し整理する【エクセルテンプレート】(なぜなぜ分析にも使える)

僕のメンタリングプログラムのプロジェクトで新業務フローに必要な機能を考え出すのに5-How 分析を使いました。。この手法とテンプレートでそのアイデアを皆が見える状態にし、また、実際に活かせる様に編集が出来ます。今日はそれをエクセルテンプレー...
11.21.2018
その他のビジネススキル

5ステップの「アイデアの作り方」(ジェームス W. ヤング著)

今回は広告業界の人達のバイブルとなってるジェームス・ヤングの本の「アイデアの作り方」から学びます。彼が言うには何かを学ぶには最初に原理原則を学んで、その次に方法論を学ぶことが重要だと言っています。今日はアイデアの作り方の二つの原理原則と5ス...
02.24.2018
DMAICの説明

DMAICとDMADVの違いと、DMADVの活用例【リーンシックスシグマ】

DMAICは既存業務フローの改善プロジェクトで使います全く新しい業務フローを作る時にはどうしたら良いのか?その時はDMADVを使います。最後の二段階がDVでDesign:設計段階とVerify:検証段階となります。 (...
02.24.2018
Sponsored Links
View My Stats