適正在庫と、適正発注量の計算の方法

この記事は発注方法の種類を紹介し、その中の定期不定量発注方法の適正在庫量の計算の話をしています。それを求めるには発注頻度、リードタイム、安全在庫量そして一日あたりの在庫使用見込み量が必要です。適正発注量の計算方法を説明し、なぜそれが正しい方法なのかをシュミレーションをして説明しています。

(動画時間:6:07)

ダウンロード  ←これをクリックして「適正発注量計算」サンプルファイルをダウンロード出来ます。

 

<<関連記事>>

(さらに…)

FIFO: 先入れ先出しを徹底させる四つのポイント【在庫管理】

この記事は在庫管理の「先入れ先出し」を徹底させる為の四つの重要なポイントを話します。その四つとは1)「自然に‘先入れ先出し’が達成される仕組み作り」、2)「在庫品の‘鮮度’が簡単に分かる状態にする」、3)「在庫量を必要最小限にする」そして4)「作業員の教育を徹底する」です。

(動画時間:6:32)

 

<<関連記事>>

(さらに…)

T検定とF検定の実務での使い方【エクセル関数】

T検定とF検定の話です。T検定は二つのデータ群の平均を比べるのに使い、F検定はそのT検定の結果を出す過程で使われます。この記事では統計的な難しい部分は敢えて省いて実務でどうやって使うかと、それに必要なエクセル関数の使い方を分かり易く説明しています。

(動画時間:6:24)

 

<<関連記事>>

(さらに…)

親和図法で問題/アイデアを整理しよう。【エクセルテンプレート】

親和図で全ての事案を書き上げて親和性のあるもの同士で整理し、グループ名を簡単に考えることが出来ます。問題が山積みで何から始めたら良いか分からない時や、漠然とした沢山のアイデアがあって次に何をしたら良いかを考えたい時にこの親和図がすごく便利です。

(動画時間:5:09)

ダウンロード  ←これをクリックして「親和図法と優先順位付け」エクセルテンプレートをダウンロード出来ます。

 

<<関連記事>>

(さらに…)

8D 問題解決手法、業務改善にも使える【エクセルテンプレート】

8D 問題解決手法は業務改善や商品改善をしたい時に使えます。8つのステップで、シンプルでやることが明白なのでとても使い易いです。今回この8D問題解決手法のテンプレートを作りました。8D手法の各項目をこのテンプレート上で一つずつ説明していきます。

(動画時間:7:05)

ダウンロード ←これをクリックして「ブレインストーミング」テンプレートをダウンロードできます。

 

<<関連記事>>

(さらに…)

エクセルマクロとVBAの超入門【マクロの記録ボタンとVBE】

エクセルマクロ超入門編です。「マクロの記録」ボタンを押して次にそのボタンを押すまでにやったシート上の作業が全て記録され、後で何度でも自動で再生出来るのです。そのボタンの使い方、簡単なコードの修正の仕方からマクロ付きのファイルの保存の仕方を実演で説明しています。

(動画時間:7:00)

 

<<関連記事>>

(さらに…)

ピボットテーブルの使い方【エクセル上で図解】

ピボットテーブルを作りたい基データの準備の段階から作業画面であるフィールドリストの各項目の説明を分かり易く図解していて、ピボットテーブル作成の手順をエクセルワークシート上でステップバイステップの演習をしています。

(動画時間:6:02)

 

<<関連記事>>

(さらに…)