マーケティング戦略テンプレートとプロジェクトの立案/選定の仕方【エクセルテンプレート】

マーケティング戦略テンプレート:自社のマーケティング戦略を四領域で分析し、全体を大局的に見て、どこの部分が手薄で、どこを改善する必要があるかや新規に実施したいマーケティングのプロジェクトを立案し選定するためのツールです。

 

マーケティング戦略エクセルテンプレートとプロジェクトの立案/選定の仕方

(動画時間:4:15)

ダウンロード  ←これをクリックして「マーケティングの四領域テンプレート」をダウンロードできます。

 

<<関連記事>>

 

マーケティング戦略には四領域分析テンプレート

 

こんにちはリーンシグマブラックベルトのマイク根上です。今メンタリングプログラムで、あるビューアさんのプロジェクトのお手伝いをしています。話を聞いてみると、長年蓄えてきた顧客データや販売データをもっとマーケティングで活用したいという相談でした。

 

先ず前回の動画でご紹介した市場ポジショニングのテンプレートをやってもらい、彼の商品の市場での立ち位置を理解しました。

 

<<関連記事>>

 

そして、次は彼の会社で実施しているマーケティング活動を理解する必要があります。それにはマーケティング活動を四つの領域に分けて考えると早くそして深く理解出来ます。その四つの領域とはこうです。

 

マーケティングの四領域分析

 

まず一つ目の軸は「新規顧客に対して」行う活動か、「既存顧客に対して」行う活動か。もう一つの軸は「既存商品による」活動か、「新規商品による」活動かです。すると四つの領域が出来ますね。

 

「既存商品による」「新規顧客に対して」行う活動は「新規開拓」だし、「既存商品による」「既存顧客に対して」行う活動は「重ね売り」になります。

 

また、「新規商品による」「既存顧客に対して」行う活動は「新商品開発」だし、「新規商品による」「新規顧客に対して」行う活動は「新規事業開発」になります。マーケティング活動は必ずこの四領域のどれかに分類出来ます。

 

ご自分の会社が現在やっている全活動を分類しながら書き出してみて下さい。すると全体を大局的に見れますので、どこの部分が手薄で、どこを改善する必要があるかを考える事が出来ます。

 

マーケティング戦略の四領域分析のテンプレートでプロジェクトの立案

 

これもテンプレートを作りましたので動画説明欄のリンクをクリックしてダウンロードしてご自分のマーケティング活動を整理してみて下さい。そして使った感想などをコメント欄に書いて頂くと嬉しいです。このテンプレートを僕のクライアントさんにやってもらいました。

 

ダウンロード  ←これをクリックして「マーケティング四領域テンプレート」をダウンロードできます。

 

 

マーケティングの四領域分析テンプレート

 

これが彼の結果です。良く出来ていますね。下にもう一つ同じ表があります。上が現在実施している活動でしたが、今度は今後行ってみたい活動を書いていくのです。ここでは実現可能性はあまり気にせず沢山のアイデアを出す様にして下さい。

 

これをやると改善が必要な部分や新規に実施したいマーケティングのプロジェクト案を考えられます。一度に沢山のプロジェクトは実施出来ないので、その中で優先順位を付けたいですね。

 

マーケティングプロジェクトの選定方法

 

一番下のこの表でその優先順位付けが出来ます。

 

マーケティングプロジェクト選定行列図

 

青い部分にプロジェクト名を書いていき、緑の欄にご自分のプロジェクト選定基準を書きます。既定では「インパクトの大きさ」「コストの安さ」「達成のし易さ」ですが、自社のニーズに合わせて替えたり追加して構いません。

 

下のピンクのセルにそれぞれの基準の重要度の重さを1から5で入れます。彼の例では「達成のし易さ」が一番重要な基準という事です。最後に各プロジェクト案毎にそれぞれの基準で1から5の数字を入れて評価をしていきます。

 

すると「加重合計」の列に最終評価値が出て来ます。これを参考に次に実施するマーケティングプロジェクトを選定します。これにより、僕のクライアントさんは「系列店舗営業にデータ活用をしたプロセスを確立する」プロジェクトを実施する事に決めました。

 

今日は自社のマーケティング戦略の棚卸をし、新しいマーケティングプロジェクトの立案/選定をエクセルテンプレート上でするやり方を学びました。

 

<<関連記事>>

 

View My Stats