「見える化」を誤解してませんか?「見える化」の起源から考える【大野耐一語録】

(動画時間:4:47)

 

<<関連動画>>

 

「見える化」の起源は何?

 

こんにちは、リーンシグマブラックベルトのマイク根上です。

 

今回も、ある視聴者さんからのリクエストです。

 

「マイク、日次や月次の生産目標のVisual Management についての動画をやってくれないか?」

 

視聴者さんからのリクエスト

 

Visual Management とは、「見える化」の英語訳です。これが本日のテーマです。まず「見える化」ですが、この概念も「ムダ」や「カイゼン」と同様に日本のトヨタ発で、世界中で使われています。日本でも最近では製造業以外でも使われていて、知らない人は少ないですね。

 

それだけに本来の意味以外で、例えば図やグラフを作って張り出しておくのが見える化と誤解している人もいますね。そこでまずトヨタ生産方式の産みの親の大野耐一さんの語録からの引用を見てみましょう。

 

大野耐一語録

引用: http://www.cpc.or.jp/ie/ie_profile2.html  

中部インダストリアルエンジニアリングサイトより (2016/5/10

 

大野耐一さんはそのころ「目で見る管理」と呼んでました。まさにVisual Management ですね。それが今では「見える化」と皆呼んでいるわけです。

 

「見える化」はトヨタ生産方式の一番の土台

 

実は、この「見える化」はトヨタ生産方式の一番の土台になります。またさっきの大野さんの言葉を見てみましょう。

 

もし作業場が汚く、整理されていなければ、「誰でも一見して判る作業場」にならないですよね。ここで「整理、整頓、清掃、清潔、躾」の5Sが必要になります。

 

「品質で言えば不良を表面化し」とありますが、これは問題が起きればその場で生産ラインを止めてしまうという、「人偏の自働化」のことです。

 

「量でいえば計画に対し、進んでいるのか、遅れているのか見てすぐ判るようにしておくこと」は「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」生産する「ジャストインタイム」に繋がるのです。

 

これらを徹底して行えば「問題もすぐ判り皆が改善案を考えつく」つまり、「継続的改善が続くのだ」ということになるのです。こうして見ると、この「見える化」がトヨタ生産方式の土台になりなるのが分かりますね。

 

ですから綺麗な図やグラフを作ることが「見える化」では無いのです。現場で起きてることや今まで隠れてしまいがちな事が分かる状態を維持することが、「見える化」なのです。

 

しかし、図やグラフを作る事が全く悪い事ではありません。「見える化」をする強力なツールになります。ただ、何を何のためにそれをするのかを明確にして行う事が絶対前提になります。これについては「データ分析の基本」の動画で詳しく話しています。下のリンクをクリックしてご覧になって下さい。

 

<<関連動画>>

 

「日次や月次の生産目標の「見える化」について」

 

もう一度あの視聴者さんのリクエストを見てみましょう。「日次や月次の生産目標の「見える化」について」、と言う事ですが、僕はサービス業務改善が専門ですので、参考になりそうな他の例をご紹介します。

 

ある卸会社の購買部では担当者の経験と勘で毎回の購買量を決めていました。これだと他の人が代行する時や担当者の変更が難しいですよね。そこで、各商品の販売量と現在の在庫量を「見える化」して購買量を自動計算出来る様にしたのです。これで標準化も進み、「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」購買するジャストインタイムも実現出来ました。

 

ちなみに今日出てきた「5S」、「人偏の自働化」、「ジャストインタイム」についても今後の動画で取り上げて行きます。

 

<<関連動画>>

 

今日は「見える化」について話をしました。

 

最後まで、ご視聴ありがとうございました。チャンネル登録もよろしくお願いします。また、関連ビデオをクッリクし、ご覧になってみて下さい。それでは。

 

Related posts: