4ステップ、 特性要因図となぜなぜ分析の使い方【エクセルテンプレート】

(動画時間:4:46)

 

ダウンロード  ←これをクリックして「特性要因図」のテンプレートをダウンロードできます。

 

<<関連動画>>

 

こんにちは、リーンシグマブラックベルトのマイク根上です。

 

今日は特性要因図となぜなぜ分析の仕方をエクセルテンプレート上で演習をします。

 

手順をいうと、

1)問題声明文を記入する。

2)問題の大分類となる大骨を記入する。

3)各大骨要因を分解、具体化して中骨、小骨を追加していく。

4)問題声明文の根本原因になる要因に印を付けて、根本原因を確定する、です。

 

リーンシグマの改善プロジェクトではその場しのぎでは無い、根本解決を常に目指します。その為に根本原因を見つけるのは必須です。その為のツールが特性要因図となぜなぜ分析なのです。この動画の説明文内のリンクをクリックすると、テンプレートをダウンロード出来ます。

 

ダウンロード  ←これをクリックして「特性要因図」のテンプレートをダウンロードできます。

 

この特性要因図はその形状から魚の骨図とも呼ばれます。対象業務フロー監督者を集めてブレーンストーミングをします。

 

1)プロジェクトを進める上でキーとなる問題声明文を魚の骨の頭の部分に入れます。

 

僕のケーススタディープロジェクトではパレート図の結果によると返品理由のトップが「顧客の都合」でした。この原因を解明する必要があります。

 

そこで問題声明文は「なぜ顧客の都合で返品が起こるのか?」となります。それを黄色の四角内に入れます。

 

30-%e7%89%b9%e6%80%a7%e8%a6%81%e5%9b%a0%e5%9b%b3%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%9b%b3

 

2)大分類となる大骨を記入して行く

 

製造業の場合は4Mという骨組があります。「人(作業者):Man」、「材料:Material」、「製造設備:Machine」、「製造方法:Method」です。しかし、サービス業務の場合はそれらは参考にしかなりません。

 

実際的には「まずは大分類となる要因を上げていきましょう。」と提案することから始まります。自由に意見を出し合い、最終的に4つから多くても6つに絞り、それらを青い四角に記入していきます。

 

3)各大骨要因を分解、具体化して中骨、小骨を追加していきます。

 

ここでなぜなぜ分析の登場です。

 

例えばここの大骨要因は「受注時にミスが出た」です。そこで「なぜ受注時にミスが出たのか?」と聞いていき、「注文が不明瞭だった」とか「不必要な商品が注文された」とか色々出てきます。

 

そして出てきた各意見に対して「なぜそれが発生したのか?」を聞いていくのです。「なぜ注文が不明瞭だったのか?」「なぜ不必要な注文がされたのか?」これを「最低5回は繰り返しなさい」というガイドラインがあります。

 

図に記入する時に最初は因果関係をうまくつなげる事にこだわらなくて良いです。より多くの意見が出た方が良いですから。意見が出尽くした所で各意見を因果関係でつなげて行きます。中骨が結果で、小骨が原因となるように。また、もっと小さい要因が出てくる時もあります。それらを四角の箱に入れていきます。

 

エクセルティップ

シフトキーを押しながら複数の箱をクリックするとその後同時に移動できます。

またコントロールキーを押しながら箱をドラッグして放すとコピーが簡単に出来ます。

矢印だけ選択し、先端をドラッグして長さや、角度を変えられます。

 

4)会議で問題声明文のより根本原因になる要因に印を付けていきます。

 

ここに「根本原因要因カード」があります。これをコピペして印を付けていきましょう。これを全てやったのがこれです。

 

30-%e7%89%b9%e6%80%a7%e8%a6%81%e5%9b%a0%e5%9b%b3%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%9b%b3

 

この分析の結果、根本原因は「最新のカタログを顧客や営業員がうまく使ってこなかった」ということです。ですので解決策は顧客も営業員も最新のカタログを有効活用するということですね。

 

今日は特性要因図作成となぜなぜ分析の演習をしました。

 

最後まで、ご視聴ありがとうございました。チャンネル登録もよろしくお願いします。また、関連ビデオをクッリクし、ご覧になってみて下さい。

 

Related posts: