5ステップ、物と情報の流れ図(バリューストリームマップ)の書き方【エクセルテンプレート】(リーンシックスシグマ)

5ステップ、物と情報の流れ図(バリューストリームマップ)の書き方【エクセルテンプレート】(リーンシックスシグマ)

(動画時間:5:02)

ダウンロード  ←これをクリックして「物と情報の流れ図」のテンプレートをダウンロードできます。

 

<<関連動画>>

 

物と情報の流れ図(バリューストリームマップ)の書き方

 

こんにちは、リーンシグマブラックベルトのマイク根上です。

 

今日はトヨタ生産方式が開発した、物と情報の流れ図作成の実習をします。リーンシグマでは、バリューストリームマップやVSMと呼びます。

 

これもエクセルテンプレートを作りましたので、僕のブログサイト、econoshift.comからダウンロードして使って下さい。

 

ダウンロード  ←これをクリックして「物と情報の流れ図」のテンプレートをダウンロードできます。

 

これがそのテンプレートです。このファイルはマクロを使っていますので、初めにここのボタンを押してマクロを有効にして下さい。

 

vsm-in-jpn

 

ここに12個のハイパーリンクがあります。それぞれクリックすると、非製造業務の物と情報の流れ図でよく使う画像が出てきます。例えば物の流れアイコン、情報の流れアイコン、そしてプロセスステップアイコン。こんな感じです。それをドラッグして流れ図を描いていきます。

 

1、最初にSIPOC分析をする。

 

これを書き始める前に、SIPOC分析をすると良いですね。これは非常にパワフルなツールなのですが、なぜか日本では知名度が低いです。SIPOC分析に関しては、以前の動画で詳しくご説明しましたので、そちらもご覧下さい。

 

<<関連動画>>

 

これがSIPOC分析の結果です。

 

sipoc%e5%88%86%e6%9e%90%e5%9b%b3-%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%9b%b3

 

各プロセスのステップに入力、または出力される物と情報の一覧表を作れるのです。ここに出ている項目がそのまま物と情報の流れ図を書く時に必要な情報なので、これに沿っていけば自然に流れ図を書けます。

 

2、全てのプロセスステップを先に作る。

 

最初に全プロセスステップの画像を作ります。ここのプロセスステップアイコンをクリックして下さい。上の四角に部署名を、下の四角に業務内容を書込みます。取り敢えず全ステップを描いたのがこれです。

 

VSM プロセスステップ配置完成

 

伝統的に第一ステップを左上に置いて、そこから反時計回りにプロセスステップを配置していきます。ですが配置はどんどん変わりますので、見映えは最後にこだわって下さい。

 

3、物と情報の流れアイコンだけ作って、つなげておく。

 

次に第一ステップの前後を描いていきます。これがSIPOC 分析の一部ですが、それによるとサプライヤーが顧客でカスタマーが倉庫荷受係です。両方とも後のプロセスステップの部署ではないので改めてアイコンを作ります。

 

ここの顧客アイコンをクリックします。倉庫荷受係は部署アイコンを使い名前をタイプしましょう。顧客からの入力物は返品物と他は全て情報です。ですので物の流れアイコンと情報の流れアイコンが必要です。

 

ここで一つエクセルティップですが、矢印の端をドラッグして他の図形に近づけると黒い点が出てきます。そこでマウスを放すと緑の点に変わります。すると図形を移動した時に矢印も移動してくれます。

 

もう一つのティップはCtrlキーを押してる間に図形をドラッグしてドロップするとコピーがされます。これもとりあえずつなげておきます。ここでも見栄えにこだわらないで下さい。

 

そのステップからの出力物も物の流れと情報の流れアイコンが必要です。とりあえずつなげておきます。これらを全てのプロセスステップでやったのがこれになります。

 

流れアイコン連結完成

 

4、全体の配置を完成させる。

 

入力物と出力物の名前を入れていきますが、その前に全ての図形の配置を確定しておいたほうが良いです。

 

矢印同士も出来るだけ重ならないようにします。

 

今日三つ目のエクセルティップですが、Ctrl キーを押しながら複数の画像をクリックすると同時に移動できます。

 

全体の見栄えを良くしたのがこれです。

 

VSM 配置完成

 

ここの重なった矢印はキーボードの矢印キーで少しずつ動かせます。

 

5、テキストボックスで物と情報の名前を作って、完成です。

 

最後に物と情報の名前を入れていきます。顧客からの入力物は返品物です。このテキストボックスをクリックしてタイプしてこの辺に置いておきます。

 

残りのインプットは皆情報なので次のテキストボックスにタイプします。これを全ての入力物と出力物でやったのがこれになります。これで物と情報の流れ図の完成です。

 

vsm-in-jpn-completed

 

おさらいをすると、

 

1、最初にSIPOC分析をする。

 

2、全てのプロセスステップを先に作る。

 

3、物と情報の流れアイコンだけ作って、つなげておく。

 

4、全体の配置を完成させる。

 

5、テキストボックスで物と情報の名前を作って、完成です。

 

今日は物と情報の流れ図作成の実習をしました。このテンプレートで実践してみて下さい。ご視聴ありがとうございました。

 

 

Related posts: