タクトタイムの基本と実務での使い方【トヨタ生産方式】

この記事はトヨタ生産方式のタクトタイムの基本とその実務での使い方についてです。特にトヨタでどう使われているかを紹介していて、タクトタイムは「標準作業」の三要素のうちの一つなのです。その「標準作業」についても詳しく説明しています。

(動画時間:4:19)

 

<<関連記事>>

(さらに…)

プロセスFMEA(故障モード影響解析)【エクセルテンプレート】

この記事はサービス業務改善にも使える「プロセスFMEA(故障モード影響解析)」の話です。FMEAとは何で、どう実施するのかををエクセルテンプレート上で実演をしています。早速テンプレートを使ってプロセスFMEAを実践して見て下さい。

(動画時間:4:48)

ダウンロード  ←これをクリックして「プロセスFMEA」エクセルテンプレートをダウンロード出来ます。

 

<<関連記事>>

(さらに…)

職務分析とジョブディスクリプション(職務記述書)の作り方【エクセルテンプレート】

ジョブディスクリプションの作り方の話です。一つ目はテンプレートをダウンロードして自社用に編集して使うやり方と、最初から正しく作るやり方です。しかしいきなりジョブディスクリプションは書けません。対象の職位の仕事内容を知る必要がありますので、先ずは職務分析をします。 この職務分析のやり方をエクセルテンプレート上で実演をしています。

(動画時間:6:10)

ダウンロード  ←これをクリックして「職務分析と職務記述書」エクセルテンプレートをダウンロード出来ます。

 

<<関連記事>>

(さらに…)

ジョブディスクリプション(職務記述書)と人事考課は人材育成のPDCAサイクル

「責任と権限を明確にするツールは何か?」の答えはジョブディスクリプション(職務記述書)でしょう。この職務記述書は人材の採用時だけ使われるのではありません。これを基に各職位の業務評価基準、KPIを作れます。これを年間での人事考課で使うのです。この人事考課についても詳しく話しています。

(動画時間:5:08)

 

<<関連記事>>

(さらに…)

適正在庫と、適正発注量の計算の方法

この記事は発注方法の種類を紹介し、その中の定期不定量発注方法の適正在庫量の計算の話をしています。それを求めるには発注頻度、リードタイム、安全在庫量そして一日あたりの在庫使用見込み量が必要です。適正発注量の計算方法を説明し、なぜそれが正しい方法なのかをシュミレーションをして説明しています。

(動画時間:6:07)

ダウンロード  ←これをクリックして「適正発注量計算」サンプルファイルをダウンロード出来ます。

 

<<関連記事>>

(さらに…)

FIFO: 先入れ先出しを徹底させる四つのポイント【在庫管理】

この記事は在庫管理の「先入れ先出し」を徹底させる為の四つの重要なポイントを話します。その四つとは1)「自然に‘先入れ先出し’が達成される仕組み作り」、2)「在庫品の‘鮮度’が簡単に分かる状態にする」、3)「在庫量を必要最小限にする」そして4)「作業員の教育を徹底する」です。

(動画時間:6:32)

 

<<関連記事>>

(さらに…)

T検定とF検定の実務での使い方【エクセル関数】

T検定とF検定の話です。T検定は二つのデータ群の平均を比べるのに使い、F検定はそのT検定の結果を出す過程で使われます。この記事では統計的な難しい部分は敢えて省いて実務でどうやって使うかと、それに必要なエクセル関数の使い方を分かり易く説明しています。

(動画時間:6:24)

 

<<関連記事>>

(さらに…)